FC2ブログ

つなようじ3本目

人狼とゲームとその他様々なアレやコレ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【人狼ゲーム】おおかみのなく頃に【うみねこ】EP3.2

愛が無ければ見えない真骨頂。

気付けばあいのりを見返していた。
スーザンとかさんちゃんが出ていたあの頃は凄い面白かったなぁ。
あいのり生き返れ生き返れ

次回うみねこRP村(←欄に案内)は6/6(土)なの。絶対来てね!

もうなんか最近人狼楽しくないというか・・・
暫く離れようかな・・・

村民がもう同村したくないと思える面子がすんごい多くなってきてしんどい。

元々そういう連中が集まりやすい環境だし、それはもともと分かってたことだろうってのは分かっていても。
暴言飛びかうのは当たり前、民度が低いというかもう居心地が悪い、楽しくない。

飽きてきたってだけならまだ良かった

暫くもうプレイヤーとして参加するのはやめよう。ク☆村ならまだ気のいいメンツがいるから考えるけれど、もう野良村は当分無理だわ
スポンサーサイト



| うみねこ人狼 | 21:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【人狼ゲーム】おおかみのなく頃に【うみねこ】EP3

EP3でピックアップされ、1693回目のゲーム盤となった今回は12Bです。

12Bもまた凄く魅力的な配役です。12人という少ない人数の中に、村と狼と狐の3陣営がひしめき合っていて。
それぞれの思惑が絡み合い無数の展開があり得る彩り有る配役。
12B作り手の私(つな)が最も多くプレイした配役でもあるので、自分が思う、作りたいと思う12Bを展開出来ればと考えています。

動画説明文にも記載した通り、冒頭の導入部分には早福響さんのpixiv小説を使わせていただきました。
初めて読んだ時、凄い鳥肌たったんですよね。

新婚当初で未だお互いのことを理解できていない状態、気持ちのすれ違い。
相手のことを慮っているけれども伝わり切らないもどかしさ。何とも長男夫婦らしい。
絵羽に嫌味を言われても、それを「助言」と受け取り、夏妃のために成長しようとする蔵臼の啖呵はもう痺れましたね。

次期当主に相応しい貫録を身に付け、隣では夏妃が誇らしく笑うだろう。すげぇかっこいい。
時が経って、あの親族会議の日。夏妃が蔵臼の横で支えるようになるまでにどれだけの艱難辛苦を乗り越えただろうと思うとまた胸に来るものが有ります。

長男夫妻を描写するのに、これ以上なく素晴らしい作品だと感じ、早福響さんに作品を使わせていただけないかと申し出ました。
快く承諾してくださった早福響さんには感謝しかないです。

今回のopのテーマは「摘まれし花の如く」です。
当初は別BGMでの製作を考えていましたが、これから自分が作ろうとするEP3の雰囲気を演出するにはこちらがピッタリだと思い、採用となりました。カッコイイ。

また「ひぐらし・うみねこ」人狼RP村を開催します。4/25(土)21:00から行います。
誰でも気軽に遊びに来てほしいです!観戦するだけでも覗いてみてくださいね。

| うみねこ人狼 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【人狼ゲーム】おおかみのなく頃に【うみねこ】EP2.teaparty

12A猫は、すっごく面白いんです。こんなコンパクトな村に3匹も狼がいて、猫もいて。
戦略の幅も奥深い。そして何より、狼になった時遠吠えでわんわん話す時が楽しい。
そんな好きな12A猫動画を完成させることが出来て幸せです。

12A猫(EP2)完結記念で自分で勝手にうみねこ村を開くぞー!
←の案内か、一つ前の記事に詳細が記してあるので、是非ともご参加お願いします!

【はじめに】
今回の12A猫はやりたい要素を色々詰め込んで、動画時間も伸びたように裏話や設定も膨大な量になりました。
お茶会動画での狼会話、狂人の思考の補足と他村陣営の思惑的なものです。
まとまりのない文章になるかと思いますが、暇な方は読んでいってください。
ですます語尾・アラビア数字漢数字etc.統一感も無い書き散らし長文になります。
まず最初に狼陣営の思惑をざっと説明しし、その後に日毎の解説をしたいと思います。

※ネタバレ全開なので、まだ動画の方見てねーよって方は気を付けてください。白文字反転形式は・・・EP1のときと同様に恐ろしく見づらくなるので取っていません。あと今憶えている限りのことを書いているので、また思い出したことが有り次第ここに追加します(書こうと思って忘れていることが現時点でかなりあるので)

【初日夜~2日目】
<狼陣営>
―人狼:源次、譲治、楼座
・狼側の方針は信用勝負。占い師を吊り殺そうぜプランで、源次を勝たせるために動くゲーム。
・この日に狼側が意識して取った行動は三つ。一つ目は源次ががっつりやる気を見せること、二つ目は源次から楼座への身内票、三つ目は譲治が適度に臭くなること。
・この時点で目指していたところは、霊能噛み+猫cco身打ち切り。霊能噛んで身内黒しないだろうと、村に思わせたい。
・二日目に黒撃って猫又ccoする役目は譲治。折角身打ち切りをするのだから、「あの臭い譲治に黒出せるなら源次真じゃね」と源次の真を高く見せるためにも、譲治は吊られず且つ黒くなるように動いた。
・楼座叔母さんは遊撃手的ポジションで自由に動いていました。
・源次は楼座に投票する理由を作るために、途中自分から楼座に絡みに行っています。

―狂人:夏妃
・今回の狂人の中身はエヴァ・ベアトリーチェ。魔女への昇任試験なので結果を出さなければならないのには違いないが、それとは関係なしに自分が強いと思ったやり方や、その場の気分で自由に動こうと考えていた。
・無難な占い騙りでも良かったが、二日目朝に自分が挨拶をする頃には二人占い師が出ていたため、準備していた占いco文はポイした。グレーを広く取って遊ぼうと思って気ままに振る舞っていた。

<村陣営>
―占い師:留弗夫
・留弗夫の戦績(第一の晩に巻き込まれず村に参加できた回数)は100戦強。ただ参加できなくてもすべてのゲーム盤のログを見てはいる(るる鯖でいう観戦をしていた。ちなみにこの仕様は他の親族使用人たちも同様で、参加できなくても観戦で経験は積んでいる)ので、純粋な100戦レベルよりは上。私(つな)の中では留弗夫はこういうゲームに関してセンスがある部類扱いなので、経験以上のポテンシャルを引き出せる力はある。
・以上の経験から留弗夫が導いたスタンスは、12A猫は「この配役でも伏せ進行は強いぜ占霊は挨拶coだぜ」派。また後日に12a猫の占い霊のco論議について別個の記事にまとめますんで。今回は留弗夫は挨拶挟み派なんだな程度で流してください。
・源次の勢いに押されながらも自分の言いたいことは言っている感。二日目のある時点までは源次狂人で見ていたが、狼視に移行。そして信用勝負を挑まれているのかと考えたとき、自分を明確に叩いている楼座と戦人が気になった→戦人投票

―霊能者:蔵臼
・12A猫で霊能はロケ一択なのだよ伯父さん。そして私(つな)も同意見。先に書いた通り、これもまた別途記事にします。そして二日目の動画時間が長くなった原因は源次と蔵臼の所為です。視聴者の、占い霊coの考え方もコメで見てみたかったので、コメを誘発できるようなcoの説明をながっ長とさせました。そして制作側のメタ的な話を更にぶっこむと、こういう説明する役目は蔵臼がぴったりだと思ったので真っ先に蔵臼は霊能に決まりました。グレーや他役職で頑張る機会はまたあげるつもりです。
・真里亞投票は非役だと思ったから。ギドラの話題に対して敏感なのはむしろ猫狩ぽくない、そして郷田の言う通り真里亞が猫狩なら「ギドラを出す必要がない」という言い方になるはず。

―猫又:戦人
・素村が素村らしく発言を抑えるだろうとか考えていたら、グレーが結構発言を伸ばしていてビビる。夏妃と楼座、譲治が殴り殴られの対立の図のように感じ、真里亞、郷田もそこそこ発言を伸ばしている。そして自分は言うて留弗夫殴りくらいしかしておらず、吊られオッズが高めに感じたので最後に取ってつけたように紗音に絡んだ。「オイオイオイ このままだと俺死ぬわ」
・指定や判断役になりやすい猫又についた結果、グレーよりも占い師の出方云々に自分の話題が無意識のうちに集中していた。戦人だけでなく、それぞれのキャラの癖みたいなもんもいくらか役職に就いたとき反映させています。

―狩人:真里亞
・うーうーうー!なんで皆は真里亞に投票するのかな?!郷田さんか戦人でしょ!(二日目夜霊界)
・今回は二日目からグレーにやっかむ必要もない、進行や役職について思ったことを喋ればそれだけでいいと考えていた。
・これは非常にメタ的な話になりますが、別に真里亞が狩人じゃなくても例えば初日の南條や朱志香が狩という"設定"でも良かった。つまり4日目夜までに死亡している人物なら、このゲーム盤の展開を作る際に誰が狩人でも良かったわけです。それこそ狼の嗅覚が良く、狩の朱志香を白噛みで潰せたという形にしても良かったんですが。ただグレランで狩人を吊ったということにし、動画コメなんかで「○○を吊るべきだった」とかa猫のグレランで投票すべき位置についての意見が見られたらいいなと思って真里亞ちゃんが狩人ということにしました。ちなみに、最初にやろうとしていたこれに似た12a猫の盤がありまして。そのときは紗音が狩人の位置でした。結論、制作側からしたら真里亞ちゃんあんまり悪くないよ。むしろ適度に良いグレーだと思う。

―村人:朱志香
・今回の朱志香のイメージとしては、「私ただの素村だけど、なんか占い師から白もらったわ。何も持っていないだけに特別何か言うこがあるわけでもねーんだよなぁ、でも黙ってたら囲われた狼とか見られそうだし、でも私が何か喋ったら真偽はともかく源次さんの信用に変に影響与えるかなどうしよっかなアハハ」と白もらったことを変に意識してしまった結果ちょっと動きがぎこちなくなる素村です。
・いい年して、しかもこんな状況でも娘温かく見守る父さんと母さん・・・嬉しいけどなんか恥ずかしいぜ的な二日目。
・朱志香の真里亞投票は、誰かを殴ったりするわけでもないヘイト稼がない動きが怪しく見えたから。猫狩の位置を気にしたりする思考をする前に、真里亞が怪しいという着想から投票

―村人:紗音
・「いやこれ二日目から普通に留弗夫真に見えるんですけれど」的な感想。
・お嬢様(朱志香)怪しすぎないですか
・譲治、戦人で2wは無いにしても、ここに1wはいるだろうし役持ちっぽい。戦人は最後にわざわざ自分を名指しで(るる鯖的には安価飛ばし)絡んできて、改めて見ると白く見えなかったのでこちら投票。概ね三日目朝一通り

―村人:郷田
・郷田はこのシリーズだけの裏設定に、留弗夫に次ぐレベルで第一の晩に選ばれやすい傾向があるというものがある。だから郷田は自分の参加経験不足を補おうと、他のログも熱心に研究をした。その結果、郷田は割と様々な内訳やケースを考えられる力はついた。ただ、それをうまく表現したり、可能性が濃い薄いの取捨選択がやや下手。殴り合いでの立ち振る舞いもまわりに劣るが、これが記憶(全ログ)を引き継いで初めての実践だったので、この下地の上に実際の経験を積んでいくことで化ける可能性もある、そんな枠。まだ使用人の立場を意識し、少し右代宮家の人間に対する殴りに抵抗がある感じ。
・「が、頑張って二日目は考えていることを口に出してみました!」

【2日目夜~3日目】
―人狼:源次、譲治、夏妃
・予定通り、霊能を噛んで譲治を身打ち切り。もし霊能噛みで平和が出ても譲治に黒打ち、猫又ccoで良し。霊能噛みが通れば、譲治は猫又coをしてもしなくてもどちらでもいいが、今回は露骨にでも真猫視点源次が真に見えるように猫又coを選択。結果3猫。
・正直狼側もはじめは猫又内訳が分からない。多少落ち着いて考えてみても、3日目時点では夏妃と戦人のどちらが狂人が分からない。動揺しすぎて源次が夏妃のことを奥さまと言わず「夏妃さま」と言ったり、源次RPが崩れたりしている(原作では夏妃さまというのはEP1で一回あったくらい)
・夏妃がcoした時点;「あぁ夏妃が猫だったのか」→戦人が猫co:「ナンダコレハ」
・とにかく譲治を吊るように主張するほかないし、他に吊れる場所もない。予想外の形での身打ち切りの形となり、内心余計なことしやがってと狂人に対して感じている。
・譲治は切られ役として、最後まで何とか自分を留弗夫側に見せようと動いている。譲治視点は留弗夫真しかないから留弗夫真を主張するのはその通りだが、わざとらしすぎない程度に自分と留弗夫が同じ側にいるという風に見せようとしている。どうしたわけか留弗夫も自分吊りに乗り気でない感じで、これも利用しない手はないと最後まで奮闘。

―狂人:夏妃
・吊縄稼ぎ出来ればそれでもいいくらいに思っていた中、グレランも普通に抜けたので、いよいよ伸び伸び遊ぼうと考え始める。噛まれなければ、占い師の結果を見てからcoしようと二日目夜は考えていた。
・グレーに潜伏したままグレーを広く取らせるのも良いとは思ったが、これ以降展開によって噛まれてもただ吊られても面白くないし猫又で出ちゃえというのが99%。中身がエヴァだからエヴァらしく暴れちゃえ☆精神。狂人位置を知らせるためという建前は一応あれど、しかしそれはやはり建前であり本音は面白そうだからcoした。(伏線は二日目開始前、南條が噛まれる前の、今回の狂人がエヴァだというところ)
・あの場面での狂人の猫又coに関して言うならば、折角ご主人が信用勝負を仕掛けているのに(霊噛みの時点で分かる)、猫又の位置によっては主人の主張が分かりにくくなり邪魔をする可能性が結構高い。それよりは潜伏して主人の仮想狼位置として動いたり、グレー狼らしく動き続けたほうがコンスタントに強い。しかし狂人位置を狼側に分かるようにするには違いないので、9人時、7人時に狼がどう仕掛けるかによるが7~5人時にppを引き起こせる点で信用勝負の短期決戦には方針として適っている・・・が、それでも霊結果から残り狼数が明確に分からなくなる以上、狂人からppに気付ける状況は途中で狼騙りの視点狼位置となったときくらい。
つまり狂人の猫coは、2-1から占い師が噛まれてグレー数が相当数あり、主人が4日目以降のグレー指定を避けていける場面なら強いがそれ以外ではデメリットの方が強く出やすいと考えます。
ただエヴァは遊んでいます。
・この時点では、狂人視点で源次と留弗夫の真偽は分からない。3猫になった時点で譲治が狼ということだけは分かる(源次真ならそのまま譲治狼、戦人猫。留弗夫真でも戦人が猫で譲治が狼になる)。だから譲治が吊れて道連れが起きなくてもまぁそうねって感じで、相変わらず源次と留弗夫の真偽は分からない。3日目夜時間エヴァ「源次-譲治の身打ち切り?それとも普通に源次真かしら。まぁ考えてみるわ」

―占い師:留弗夫
・楼座は気になるけど、狼っぽい源次が投票しているしここで占い回す必要はねぇか→じゃあ自分が投票した先の戦人でいいか。戦人は2票得票だが、内1票は自分の投票だしな。
・留弗夫視点でも譲治人外が濃いが、真猫の可能性を考えてしまった結果、対抗の源次吊りが間違いないためそこ吊りを主張した。ただ実際の勝負だと、内心譲治吊りは乗り気でなくても、自分視点でも人外濃厚な譲治吊りを拒まない方がより真らしいと思う。

―猫又:戦人
・三日目は朝一文章があるせいで時間経過が分かりにくくなっているが、夏妃と譲治の猫又coはかなり素早く同タイミングに近かった(夏妃は端から出る気満々、譲治も夜相談から準備万端だったため)。だから戦人が若干出遅れた形に見えるが、実際のログや時間の流れ的には戦人の反応は遅くない。戦人は霊能噛まれでも、夏妃の言う通り占い結果から一応両視点白が出来る可能性があるため、一応結果を確認してから出るつもりだった。だが他の譲治と夏妃の猫又coのやる気が凄まじく、その分その二人のcoが早かったという形。
・なんで猫又がこんなに出るんだ・・・?

―村人:朱志香
・「お父さん!聞こえているはずです!返事をしてください!お父さん!」某有名うみねこMADのネタオマージュ。
・うぜーぜ!って言わせたいだけでした。朱志香のうぜーぜはかわいい
・「わざと無能に振る舞っておけば狼が自分を狩と見て噛んでくれるんじゃねーか?私の位置は噛まれたほうがいいぜ」的なムーブを二日目から取っていたつもり。しかし今回はどこか力を出し切れない感はあった。本気のジェシーはすごく強い

―村人:紗音
・(夜時間改めて考えてみたけど、これ留弗夫真以外無いわ・・・)
・(源次狂人なら誤爆している?この譲治の道連れ無しを見て、明日自分に黒を撃つ?どうなるだろう)

―村人:郷田
・「もう・・・何が何だか・・・ワカラナイ!」
・三日目夜にいったん落ち着いてすべての可能性を考えてみた。

【3日目夜~4日目】
―人狼:源次、楼座
・さて、猫3となった現状、これをどうすべきか。素直に考えるならば、留弗夫狼、猫又狂人混じりの主張をすべき。そしてその場合グレーに黒を撃てる数としては1。だから4日目9人時に留弗夫を吊り、7人時に郷田か紗音あたりを源次視点の黒にして2w1kで5人を迎えるのが順当なところ。
・その場合、3日目の占い結果はグレーに黒。グレーのLWを源次が見つけているため4日目夜に源次噛みが出来ない、という演出をする必要がある。決め打った占いなんで噛まれてないねんと言われないため。
・ただ今回取ったのは、4日目に勝負をかける方針。狂人にも狼位置をはっきりさせ、2w1kの3票を固め、後村側の1票を誰かしらから奪えれば勝ちという方針にした。狼夜会話的には、「これだけスタンドプレーしたがる狂人、そして戦人と夏妃の発言レベルからどちらが狂人でも狼側の意図を察してくれるだろう」「わざわざ狂人位置を知らせてくれたのだから、じゃあそれを利用させてもらうか」という感じです。その結果が戦人に黒出し。戦人狂人なら源次偽(狼)だと気づく。夏妃狂人でも、対抗の戦人が真猫だと知っているため夏妃は源次が狼だと気づく。
・夏妃が狂人の場合は、夏妃視点真に見えやすいという理由で源次真側につき、留弗夫投票するのに何の苦労も無い。ただ戦人狂人の場合は、戦人の立場からしたら源次騙り・留弗夫真となるため、その視点から主張すると留弗夫に投票することは出来ない。その場合狂人の戦人は、「指定役を今後確保する意味でも夏妃伯母さん吊り」など言うか、わざとらしくなり過ぎないように臭く振る舞うなりする。そして戦人に黒を撃った後、狼たちは戦人がどう動くか見ていると、どう見ても真猫として源次を殴りまくってきて、源次投票まで促してきた。加えて夏妃が察した様子で留弗夫偽視よりの発言を重ねたため、狼側から戦人と夏妃の真狂判断が出来た。
・この方針を取るならば、このやり方の強みを活かさないのは馬鹿もいいところ。つまり確定白の判断にゆだねる形を取らせず、2択ラン自由投票で各々の村人の投票がばらけるように盤面を作らなければならない。
・源次が戦人占いを決めている以上、確定白が出来るパターンは①朱志香噛み以外をして、留弗夫が朱志香占い②朱志香噛み以外をして、留弗夫が楼座を見つける③狩人が平和を出すの3パターン。③に関しては、①,②について紗音か朱志香噛みという狩候補を噛む+郷田の位置が狩なら3日目に出てくる(ただ郷田の発言レベルからそうとも限らない)のでそこで平和は起きないだろうという読みで気にしないことにした。①にしても②にしても留弗夫の結果により確定白が出来るとしたらそれは朱志香であり、その点で留弗夫側についている紗音を噛むよりも朱志香を噛んでおけば確定白は生まれ得ない。紗音を残せば源次に投票するオッズが高いため、紗音と郷田の2票の内1票を動かすゲームというより、ほぼ郷田の1票を奪うゲームとなるが、あまり思考開示せず何を考えているか読めない確定白になり得る朱志香を残すよりも、こちらの方がいいと考えた。郷田は議論である程度納得させるか、もっと言えば勢いで押せそうだとも考えたたため。そして留弗夫の今までの発言(特に3日目)を見るに、割と確定白目当てで朱志香占いをしそうであり、結果噛み合わせになる見込みもあったから。2-1-3の露出数からグレーの狼を見つけることでも確定白が出来る思考を、留弗夫があまり出来そうになさそうに見えたため。ただ実際は4日目冒頭で留弗夫が言っている通り、留弗夫はグレーに潜伏狼がいるならばそれでも弁当位置が出来得ることは理解していた。
・朱志香噛みの他の理由として、他には狩候補(4日目の占い結果により留弗夫視点2グレーとなり、決め打ち負けしたときに備えて)潰し、囲いなしアピールがあるが先の理由に比べれば些細なもの。後、留弗夫が4日目に勘づいている通り、朱志香噛みをすることで源次視点のグレーが紗音、楼座、郷田の3グレーとなり、特に郷田(楼座)からしてみれば相対的に留弗夫偽に見えやすい狙いもある。
・しかし狼の予想以上に村力が高くて、村の紗音、郷田、がどちらも源次投票したため計画はオシャカになりましたとさ。→決め打ち負け、源次吊り

―狂人:夏妃
・源次が戦人に黒を撃つことで、源次が狼だと悟る。源次は戦人占いの理由をもっともらしく言っている(客観的に見ても一理はあるし有力な占い選択肢の一つではある)が、それでもグレー占いをせずにこの結果を出した・・・ということは、自分(狂人)に主人位置をはっきりさせて真占い師投票を知ろとということかと察した。
・でもやはり表面上は、真猫として占い真偽がついてないように振る舞う。視点漏れ駄目絶対

―占い師:留弗夫
・戦人が狂人なら源次に黒を撃たれてこのムーブはしないため、留弗夫は戦人が真猫だと考えた。留弗夫視点戦人狂人も一応ある中、戦人-留弗夫で互いにラインをしっかり形成しているように見えたのはそのため。
・一方夏妃は夏妃視点の真占い師が分からないように振る舞っている(先述した通り実際狂人の夏妃には占いの真偽がついているのだが)。4日目の前後半にかけて予想内訳は右往左往したが、最終的に譲治が狂人で源次と夏妃とグレーの3wだと考えるに至った。
・朱志香噛みの理由の考察に、「自分に囲いはねえってアピールだろう」と言っていたが、それも噛み理由としてあるが本質はそこでは無かった。
・源次の戦人占いで、勝手に信用を落としてくれてラッキーだとか最初は思っていたが、議論が進むにつれて自分が信用勝ち出来るとは限らないと思い直し段々と焦って発言も伸ばしている。楼座が源次寄り。夏妃も人外サイドが濃い。紗音は自分側についているが言うて自分に投票するかもしれない。ならば投票を決するのは郷田の可能性が高く、そう考えたとき、郷田からヘイトを稼ぐことは得策でないと思い至る。なので途中からグレーの狼視を「郷田→楼座」という主張に変えている。楼座を黒く見ていたって言うのは嘘じゃないし、これに気付いたとき郷田から楼座狼視主張に変えたほうがいいと判断した。
弗「そのまま主張を一貫したほうが白いって言うのも分かるけどよ」 自分の瞬時の判断に自信があるのが留弗夫です。

―猫又:戦人
・3日目夜までは源次真で見ていた・・・がナンダコレハタマゲタナァ
・何故わざわざ騙りの源次が猫占い、しかも白でもなく黒を撃つのか。その狙いは最後まで分からなかった。もし分かっていたならば最終日に夏妃狂人は読める。

―村人:紗音
・「源次さまの言い分は分かるんですけれど、ただそれだと源次が決め打ちに勝っても、グレー占いをしていない場合に比べて1グレー広い(5人時3グレー・・・郷田、楼座、紗音)。留弗夫-戦人-譲治で3wならいいが、留弗夫狂人でその3人に狼がいる場合3択を迫る分不利です・・」
・ただ源次真で決め打っている展開なら、5人時でも戦人吊り→猫の夏妃以外のグレーが誰か噛まれて猫グレーグレーの2択にはなる。だから源次が、戦人占いをして且つ「この選択をしたため決め打ち後の5日目には戦人を吊ってくれ」まで言えたなら真を考えようとした。それを抜きにしても、留弗夫の言う通り、両占い師はどちらもグレー占いをしていればよかった話であり、それまでの印象からも留弗夫真だと考えてgoした。
・狩coを明確にしない方がいい云々で、狩co有無を最初渋っていたことについて。紗音が狼視点狩かもしれないという可能性を残すことで、自分は狩人じゃないけど決め打った占い師へのチャレをブラフで防げるんじゃないかと一瞬考えたという描写。ただ決め打って、騙りが吊れた場合、狩生存の可能性があっても狼はどのみち占い噛みをすることを考えたら意味がないと気づいた。留弗夫から白をもらっている自分がco様子見みたいなことをして真占い師だと思う留弗夫が周りから疑われる方がよっぽど不味いと唇を噛んでいた。それを楼座に見抜かれていた図。この時の紗音の心境としては、やらかしてしまったところでフォローしてもらったという風に感じていた(紗音本人は意識していないが)

―村人:郷田
・4日目を迎えるにあたって、昨晩は頑張って考えました・・・。
・グレーや占い師に色々尋ねてみて、真占い師がどちらか見極めようとしました。
・「せーの1,2,3」はエヴァ(新世紀の方)のイロウル戦オマージュです。

【4日目夜~5日目】
―人狼:楼座
・決め打った現状、ここで留弗夫を噛まない手はないので留弗夫噛み。
・留弗夫が郷田を占っていて、楼座白っぽいから留弗夫も吊って3人を迎えよう~なんて甘いことを、パワーアップした村がするわけも無い。
・実はこの12A猫の村、一度シナリオを書き換えています。それは動画を作る前の話で、動画を作り始めてからは変えてはいません。それは前にも書いた通り視聴者との約束みたいなものというかポリシーみたいなものなので。内訳当てられそうだから突飛なものに変えたろ!とかはしません。それで最初に構想を練っていた村なのですが、それは3日目、特に4日目と5日目が大きく展開が異なりました。その中では騙りの源次が吊れるのですが、5日目に留弗夫が噛まれず残る展開なんですね。グレーのメンツも大きく違います。そこで唯一確定白の郷田が、視点LWが濃い留弗夫を吊って猫猫グレーを目指そうと言い出すんです。そして4,5日目と占い師を吊って最終日を迎える盤でした。個人的に、郷田さんらしくてこの展開もありかな、やりたい猫猫グレーの形にはなるからええかなと思ったりはしたんですが、それでも流石に決め打った流れで占いロラ完遂のような運びをさせるのは実際の村らしくなく、郷田何やってんねんと、実際は動画投稿者の思惑に振り回されているのに不当に郷田が叩かれるのも駄目だと思ったので今回のような形にしました。決め打ち負けた後、噛みを通して殴り合いを制する流れです。
・源次投票の郷田、留弗夫投票の自分という不利な盤面からどうひっくり返すか楼座も(私も)四苦八苦しました。そこで楼座が取った手は、真っ当な殴りです。すべての可能性を追わず、現状一番濃い可能性を追って、そして相手の黒いところを指摘し吊り殺すというものです。これは私の経験によるものなんですけど、実際の人狼でもこういうムーブの方が強く、白く取られると思います。郷田さんは頭はそこそこ回ったんですけれど、色々と甘かったですね。
・視聴者勢のコメントを見る限り、源次偽視が多いように思えた中、まったくと言っていいほど楼座吊りにならなかったことに文句を言う人がいませんでした。かなり驚きました。投票結果は動かぬ証拠、発言はいくらでも調整し変えられる。投票結果でかなり黒い位置にいても、殴り合いで上に立ったものが残るべき者として受け入れられるんだなと改めて感じたところでした。
・楼座と郷田の会話の中に、朱志香噛みでなく紗音噛みだと留弗夫視点3グレーになるという話をしているように見えるところがあります。これはそういう意味合いで言ってるのではなく、留弗夫視点で源次の囲いに見える朱志香の位置を残していた方がグレー殴り合いに有利なのではという意味合いで言っています。つまり、3日目夜時点で紗音噛み、そして留弗夫郷田占いをした場合・・・4日目に留弗夫を噛んで迎える5日目のグレーは楼座と朱志香になります。この場合、信用勝負を仕掛けてきていると思われる源次の囲い位置として朱志香が吊りやすいため、わざわざ朱志香を噛むのは純粋な信用に合致しないということを言っています。(day5の18:00あたりの話)

―狂人:夏妃
・オイオイオイ 源次吊れたわアイツ
・こうなった以上、グレーの狼は留弗夫噛みをする。そして5日目はグレー殴り合いになる。その上で自分がどう振る舞うべきかを考えたとき、紗音の反応を見ながら動くことにした。
・まず楼座を狼でほぼ断定。理由は、4日目の投票。わざわざ戦人黒を撃って信用勝負を決めにいったと考えたとき、郷田と楼座の票を見るに楼座が狼になる。
・そして5日目の紗音の様子を見るに、口には出さないにしろこの子は夏妃-グレーの2wを考えていると感じられた。その2wを「懸念すべき」という意識ではなく、その2wのパターンが「一番濃い」という風に見えた。実際紗音はその思考。そしてその内訳のとき、この5人時にグレー狼が吊れたらほぼ狼負けになるので、この日に狼はグレーの村を吊る様に動いていると考えられる。紗音がこう考えたとき、夏妃が誘導を掛けている位置は逆張しなければ村人の位置が濃いと考えられる。だから夏妃はあからさまにならない程度に楼座に誘導した。ただ後から動画見返してみれば、なんかすっげぇわざとらしいですねこの部分。
・最終日に戦人に自分狼を追わせるための動きも意識したつもり。そして5日目以降は夏妃偽、もっと言えば夏妃狼を戦人にも紗音にも追ってほしいので、4日目までと打って変わって臭くなるような怪しい動きをしている。自分が臭くなること、発言をばらまくことによって、落ち着いて単体で見れば留弗夫投票で黒くなっている楼座の要素を薄められたらいいとも思った。「あのままだと楼座が吊れるから、楼座が痛いところを突かれているときは発言を挟んだのよ!」

―猫又:戦人
・ここにきてまだ自分が狼だと言われる。あるにしてもLWだし何故ここで言う必要があるんだ郷田さん・・・とか思っていたが、考えてみれば5日目吊るグレーを選ぶことは6日目に残るグレーを選ぶことと同義であり、それなら郷田さんがどう考えているか5日目に知れてよかったとも思いながら聞いていた。
・「源次さんに投票した郷田さんはかなり白くねえか?」この戦人の発言は、想定していたにしろ楼座にとっては痛いところだった。そこですかさず夏妃が発言を被せてきてくれたのは楼座にとっては救いだった。
楼座(夏妃姉さんやるじゃない)
夏妃(手のかかる狼です)
戦人(なんか話流れたわ)

―村人:紗音
・(奥さまの相方位置という考え方・・・夏妃と○○で2wは薄いという考え方をするならば・・・)
・あまり思考を口に出さないようにしていたが、それでも狂人には思考を見抜かれていたおっちょこちょいメイド
・一応口約束を取り付けた者の、郷田が明日になっても夏妃投票し無さそうと感じたのも指定理由として多少はある

―村人:郷田
・視聴者勢からは、郷田は白い枠だったように扱われていると感じました。ただそれとは別に、吊られても仕方ないと思われているようにも感じました。
・郷田に関していえば、グレランで落とす位置として視聴者勢からは一番名前が挙がっていたと感じました。実際そうだと思います。ただこの郷田のようなタイプは、実際の村ではグレランで吊られるか吊られないか微妙なラインだと思います。例えばるる鯖の12A猫では、この手の発言が伸びない位置よりも各々が臭いと思うところを吊り殺しにかかる村民が多かったりするときがあります。これもまた別にグレランで落とす位置議論記事でも作りましょうか・・・。詳細はそちらに回すとして、今回郷田は寡黙というにはそこまで発言が少ないわけでもなく、吊られやすい位置ではあったものの生き残ったという感じです。真里亞吊りは「え、そこが吊れるの」的な感じにちょっとだけしたかった。実際その絶妙な感じが、作っている私からしたら演出できたので良かったです。
・グレランの真里亞吊りに関して加えて言うならば、「前回の狼だった真里亞。もしかして今回もそうなんじゃね・・・?」とちょっと口にはあまり出さないにしろ僅かに頭によぎるメタ推理を視聴者に抱かせたかったからです。前回大活躍したし、今回は早期退場もさくたろも許してくれるでしょう。今回の真里亞は私の都合に合わせて色んな役目を負ってくれたいい娘です。うー!まりあはゆーのーなの!
・郷田さんの考えは、思ったことを口に出す人物なので、発言で落としている通りです。
・郷田はノイズで無能なように思われるかも知れませんが、今回は少なくとも今までの盤で一番狼を追い詰めた盤面であり、そこでタイマンを張り、狼に初めて冷や汗をかかせた村民です。The 一般人が反撃の狼煙を上げるこの感じ・・・いいですよね(強要)。郷田だけでなく、これからの村側の駒の成長にもご期待ください。改めてこのシリーズの設定を説明しておくと、EP2までは寡ない戦績で1000戦強をループしていました。その拙い内容ばかりの記憶だけれども、それらを引き継いで盤面に立った初めてのゲームが今回の12A猫です。ここから彼らはどんどん経験を累積させていきます。今回はまだ未熟な部分が多く出ていましたが、ここから詰め甘さも徐々に克服していき成長していきます。村側と狼側のどちらを応援するにしても、そういった力の伸びも注目してみてくれれば製作者としては嬉しいです。

【5日目夜~6日目】
 この6日目が一番猫村としての要素が詰まった日です。その要素を長々と6日目の冒頭に入れても良かったですが、そうするとあまりにも冗長になり、いやはよ進めろやとテンポが悪くなるので割愛しました。というか4日目と5日目に狂人の取り扱い方講座的ナパートありますからね。作った側からしたら、要素を全部考えて欲しいですが、こういう動画は「あー誰が死ぬんかなー よー分からんけどアイツが真じゃね? よー分からんけどこいつ怪しいわ んで答えはなんなんやろな」程度で見進めて楽しむのがいいんですよ。
 だから、最後にべる~んが「吊る位置はどこか」ではなく「LWは誰だと思うか」と聞いたわけです。この状況では、実際にはほぼ吊れない人物がいる内訳が存在するわけです。だから実際吊れる吊れないは置いておいて、そういうまどろっこしいこと考えずになんとなくここまで見て狼だと思う人物を言ってみてねという言い方になっていました。
 ということで動画で割愛した最終日の要素をここに書き散らします。
 ポイントとしては、狼狂猫の形だと純粋なppが起こるとは限らないということです。この形になっても村は必ずしも負けにならないので(狂人がそこまで怖くない、特に猫真狼だと)、村は猫騙りが2出ると、猫猫グレーの形を目指すのが得になるのです。

―戦人視点
・戦人視点で問題になるのは、楼座と夏妃のどちらが狼になるのかというもの。
・もし夏妃が狂人ならば、自分が夏妃に投票したらほぼ負けるのが見える。何故なら源次吊りの日に夏妃は留弗夫に投票しているため、その結果を見れば猫のどちらが狂人なのかは楼座は分かっている。そして楼座は村にしろ狼にしろ夏妃に投票するべきなので、やはりそのスタンス通り夏妃に投票する。ちなみに狂人の夏妃は主人の楼座に投票するわけにはいかないので猫又(戦人)に投票する。この中で夏妃投票すれば狂人吊りで村負け。楼座投票すれば、それぞれ得票1で拮抗再投票になる。この結果を見ると、夏妃が狼で戦人に投票する意味合いが薄すぎる(夏妃狼の場合の生存戦略としては、戦人に夏妃狂人と思わせることで楼座に投票させ、夏妃も楼座に投票しておくことで楼座を2票得票で吊り殺すものが現実的)ので、その時点で戦人は夏妃狂人、楼座狼を悟るため、楼座投票のまま固定。この場合、分けになるか楼座が戦人に投票をずらし猫ルーレットを選ぶかどうかになる。
・夏妃が狼の場合。先述した通り、楼座に投票した瞬間終わる。その場合夏妃は楼座を吊り殺す戦略を取ってきているから。一応源次-夏妃-譲治の3wで楼座が潜伏狂人という可能性もあるが、それでもやはり夏妃が狂人置きされたくて動いているかどうかを見ればいいだけの話。ちなみに楼座は狂人のときのみ、楼座狼を猫に追わせるために人外ムーブを行うため、一応楼座が変な動きをしていないかさっとチェックくらいはする。この場合、楼座が夏妃投票を明確にしているため、結局自分の初回の投票で決することになる。
・源次が楼座に身内票しているため、楼座非狼寄りかとか考えてしまったこと。一方源次狼、夏妃狼、郷田狼、譲治狂人とでも考えてみたとき、狼の身内票の要素無く一見「綺麗に」見えるため、夏妃狼で考えてしまった(グレラン結果は 源次→楼座、夏妃→譲治、郷田→真里亞、譲治→郷田)

―夏妃視点の話
・まず真猫としてどう見えるかという話。
・戦人LWか、戦人狂人+楼座狼のどちらか。ただ楼座が夏妃投票を明確にしているため、まず自分が票を1つもらうのが決まる。
・戦人が狼なら、夏妃が留弗夫真を考えて楼座を投票する見込みが高いので、楼座を吊り上げるように黙って楼座に投票してくるはず。戦人はこの日、夏妃と楼座の殴り合いを傍観して、黙って楼座に投票すればいい。結論、この場合楼座投票すると負け。
・戦人狂人、楼座狼の場合。戦人は自分投票。楼座は、夏妃が戦人LWを追って戦人投票しそうだと思ったり、夏妃が楼座投票してきたとしても戦人投票をしておけばいい。夏妃→楼座、楼座→戦人、戦人→夏妃という結果を見たとき、夏妃は楼座狼にいよいよ気付くだろうが、それはそれでただ再投票の流れになるだけで楼座狼が即負けるわけではないため。夏妃が戦人狼を考えて戦人が吊れれば楼座狼の勝ち。・・・というよりも、戦人狂人で源次を吊り殺しに行くわけがないので、夏妃からしたらあるとすれば戦人狼のほう。
・だから夏妃は猫としてはほぼ楼座に投票することになる。

・しかし実際は夏妃は狂人。狂人としてどう動くかを考えたとき、いかに戦人に自分が狼だと思わせるかが焦点になる。
・あまり露骨に狂人ムーブするとバレかねないし、狼として村の楼座の投票を動かそうとする狼を演出しすぎても臭いし・・・ほどほどのところで調整し頑張っていた。結果大☆勝☆利

―楼座視点
・楼座が真っ当な村だったとき→夏妃と戦人のどちらかが狼、どちらかが猫。
・そうなれば猫のどちらかが吊れれば、狼なら村勝ち、猫でもルーレット50%勝ちなので、やはり狼が濃い夏妃に入れない理由がない。
・楼座が狂人co(村騙り)をして、猫の中に紛れている狼を炙り出して狼を殺す・・・というのはやはりうまみが無い。楼座が狂人ならそんな明確に人外coをせずに臭く動いて、猫騙り狼を助けたほうがいい。楼座が村でそんなことをすれば、真猫と思われる戦人から投票される利敵な結末になる可能性が上がるだけ。楼座が人外coするのは狼でも、狂人でも、村人でもほぼあり得ない。

・しかし実際は狼。ただ狼だとしても楼座にとってやることは難しいことは何もない。ただ村人として、夏妃に投票するというポジションにいればいいだけ。自分を白く見せられればそれだけ有利になる(戦人に夏妃投票を向かわせられる)が、留弗夫投票者の自分がここで何か言っても逆に臭くなると思い、あまり何も喋らなかった。ただグレーをどうにかするのは前日の5Dなのは間違いないので、実際それは正論、それだけ言っているほうが白いと思った。白アピしようにも、言うて今までほぼがっつりと源次真寄りで動いていたため、あまりアピール材料が無かったのも事実。

【人狼要素抜きの話】
 このおおかみのなく頃にEP2に、原作うみねこ要素を意識した箇所があります。例えば、郷田と楼座の殴り合いなんかはEP2の楼座vs使用人たちの構図っぽくしてみたつもりでもあります。
 あと楼座は上の兄弟たちと年が離れていて、親族会議での発言力が劣ります。上の兄弟が生きている内は割かし大人しくしています。それを反映させて、絵羽、蔵臼、留弗夫といなくなっていくにつれて、本来の自分をさらけ出していっています。原作で絵羽が言う通り、楼座は頭は悪くなく、上の兄弟たちに不要なやっかみを持たれぬように立ち振る舞えるだけの器量が有ります。日数を重ねるごとにどんどこ前に出てくるようになり、5日目は留弗夫もいなくなりイキイキと楼座叔母さんが暴れています。原作EP2で上の兄弟たちがいなくなってワンマン取っている楼座叔母さんすき。
 猫又配役をやるにあたって、ハバナイスバディ卿の「俺までニャンニャンしたくなっちまうぜ」をやりたかったので、真っ先に留弗夫の登用が決まりました。
 3日目は譲治と留弗夫がのペアに焦点が当たった時、その二人にちなんで黄泉津比良坂corruptionを流しています。

 これはうみねこまったく関係なしに、自分が入れたかったネタの話になります。郷田さんのえぇ・・・は「えぇ・・・(困惑)」です。あと最終日の「はい、今日の議論時間は終わり。お疲れ様でした」はチノちゃんです。夏妃の「狼は手を上げなさい!」はダンロンの石丸君です。これはEP1でもまったく同じことやってます。オイオイオイ アイツ死ぬわは炭酸抜きコーラです。
「(ゲロカスは)お前じゃい!予想が外れてんだよなぁお前のせいでよぉなぁ!」

 画面レイアウト的な話をすると、電脳の村リスペクトです。席順(名前と顔写真のところ、名前2文字表記)のところ、処刑と噛みの
アイコン、配役のアイコン、夜明けの演出、背景(今回はノーラさんとギュンターが喧嘩する教会)等、電脳の村-Village of Cyber-を意識したものになっております。大好きなんですよ、VOC。テキストボックスはダンガンロンパのものです。電脳の村の素材に関しては、一応NB卿さんに使用許可を尋ねて使わせていただいております。
【最後に】
ただの長文ならまだしも、恐ろしく読みづらく文才の低さが露呈する駄文となりましたわ。もし最後まで読んだ方がいるならその人は忍耐の魔女です。
「いやその考えならこうした方が良かったんじゃねーの」とか、きっとあると思います。そのときは是非ともコメントしていただきたいです!
私は発展途上の人狼プレイヤーですし、穴も沢山あります。自分の作った動画も成長材料にできるならしたいので・・・。

最後にぶっちゃけて言えば、この村のミソは最終日です。
猫入り配役の3人時という状況でどう投票が動くかというところがもっとも動画としてやりたかったところであり、そのために村が最終日に行けるように進んでいきました。その点、郷田や紗音の投票もGMより高位の何某かによって操られたものだとも・・・。
5日目に2グレーが殴り合い出来るように留弗夫視点グレーを1なんとか削る必要があり、その点で朱志香占い噛み合わせにするか初手蔵臼占い設定にするか迷いました。朱志香占い噛み合わせは留弗夫がポンコツみたいに映ってしまい、出来るだけ避けたかったんですが、初手霊能co占いという展開が個人的に嫌だったのでこちらを採用しました。

この村の着想は、私が昔参加したログから来ています。
【元ネタログ】私のとあるログ
この村は狼の特攻と身打ち切りが発生し、仕事終了式(厳密に言うと違う)に3人猫猫グレーの形を迎える流れでした。
そこに狂人の私が潜伏から猫ちゃんに出たログです。
個人的に12a猫狂人は騙りが強いと考えていて、ほぼ潜伏することは無いのですが。この時は色々試してみようキャンペーンで猫騙りすることにしました。
そこのログを分析してみたとき学べる事が多くあったので、そのいくつかの要素を以てうみねこ12a猫動画を作りました。

このログでは狼が「狂人は狼位置分かるだろ」と言っていますが、狂人の私視点からはどこが狼か確証は持てません。発言や盤面からご主人位置を推定し、見事主人勝ちに導きました。すごいでしょ。たまには自慢したい。
最後に人外coしているのは、露骨に「狂人に見せたい狼」だと猫又に思わせる狙いでした。
そこから、「猫騙り狂人にもはっきり主人位置を分からせるような、猫3騙り盤面で且つ面白そうなシナリオ」を考えた結果がほんへです。

"出来る"人ほど源次真だと思うように仕向けるつくりにしました。あそこで猫占いするのを理解されるには受け手がある程度力ないとわからへんねんな・・・。
EP2.1の動画説明文に書いた通り、この盤の難易度は「あなた次第」でした。霊噛み身打ち切りが12A猫では珍しくないこと、それを見たことがあるか知っているか。そして源次が騙りならば戦人黒を撃った意味を考えれば、狼側が何をしようとしてきているかを読むことは出来るため、難易度は人に依ると思います。
現時点で見た感じ、夏妃狂人まで含めて見抜いていた人は極僅か、楼座狼予想も少数派でした。当たった方、こんぐらちゅれーしょん。貴方が下界に居ればあるいは村勝ちがあったでしょう。

【以下、気になったコメント抜粋】
・EP2.7コメント「楼座LWなら戦人狂人夏妃猫だから茶番」
猫狂狼の場合は即ppが成立しません。なので茶番、つまり勝負が決まっているという場面ではありません。
この動画でもそうでしたが、この時誰かを吊って即狼勝ちになるには、狂人吊りが起こらなければなりません。
狂人と狼が猫に2票集めると、ルーレットにより50%の確率で狼負けになってしまうことから、狼側としては狂人吊りがベストでありそれを狙えるなら狙いたいところです。
それを考えれば、猫又視点では狂人投票になることは避けなければならず、何としても狼に投票しようと狼位置を見極める必要があります。

結果、猫→狼 狼→狂 狂→猫の1票拮抗再投票もあるわけです。ここに猫入り配役ならではの村の狂人の扱い方の面白さがあると思います。狂人は奇数下でも積極的に縄を掛ける必要が無い場面があるということ。
村の強みといったほうがいいかも知れません。

勿論7人、5人の時に狂人有無によりppのリスクがあるので、状況によって使い分けなければなりませんが。
例えば5人残りで、ほぼ狂人騙りで見ることが出来る占い師が残っている場面ならば、その占い師は吊らずに狼臭いグレーを指定するといった場面で有効でしょう。

ただ実際の12A猫村だと、この思考は3-1となったときの3日目の占い決め打ちの際に使われていたりします。
狂人騙り目よりも狼騙りから潰していければとてつもないアドバンテージになるからです。それは上記の理由通りです、狂人が残り続けてもやりようがあるからです。

・EP2.teaparty「夏妃ラスウルで考えたとき、狼候補は真里亜、譲治、源次に2狼。。真里亜村と信じていたのなら源次、譲治、夏妃3狼という意味不明な内訳になる。譲治、源次が狼のとき、夏妃は狂人。うみねこ人狼なんだから考えられたなー。素で悔しい」
一応私の中では、留弗夫真を見たときに視聴者が一番考える狼内訳として源次-猫-郷田となるものとして動画を製作しました。真里亞村と決め打ったとき、そして3人最終日を迎えたときの形としては郷田狼かどうかを視聴者に考えて欲しかったんですね。
恐らくこのコメントを打った方は、真里亞だけでなく郷田も白く見ていたのでしょうが・・・。
個人的に思ったのは、郷田が白いというコメントが割かし多かったので、その人たちならば残り猫真狂に気付けるんじゃないのかって見ていました。

| うみねこ人狼 | 17:18 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【人狼ゲーム】おおかみのなく頃に【うみねこ】EP2.7

最後の日を迎えるにあたって、生き残った人間が多くを語らず「おはよう」とだけ言う。
この雰囲気がすんごい好きなんです。
ただの朝の挨拶には違いないけれど、色んな思いが渦巻いてる感じがたまらんです。

ニコ動がフラッシュ形式からHTMLに本格的♂移行した所為で、ニコスクリプト貧弱になっているの絶許
投票コマンド使いたかったんですけど使えないんで、わざわざべるーんに言ってもらいました。
コメント欲しいんで露骨にでも取りに行くスタイル

そろそろうみねこ村の開催に向けて本格的に動きます

| うみねこ人狼 | 22:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【人狼ゲーム】おおかみのなく頃にEP2.6

楼座vs郷田の日なのでBGMもそんな感じになっています。
最初は留弗夫追悼の黄泉(津)比良坂(黄泉比良坂→黄泉比良坂techmo→黄泉津比良坂corruption)ラッシュです。

12aday5ssa.png
戦人楼座夏妃(ヒソヒソ)
郷田「・・・」
あらやだ奥さんあの人何かやらかしたらしいわよえー本当ですの?やだわぁの図。

楼座叔母さんの立ち絵触っていていつも思うのは、楼座叔母さんちっこくてかわいい。
反対に紗音がでかい(真里亞も9歳にしてはでかい)。
【ゆく年くる年】

2019年は・・・めっさあっという間でしたね。
海外から戻ってくればいつの間にか元号変わっていたりね。仕方ないね。

趣味の方面では目立って躍進が見られなかったようなそんな年でしたね。
とりあえず12A動画は来年に完結持ち越し。肝心の人狼の腕に関しては・・・あまり変わらなかったな、と。一番成長をしたのは2017年から2018年にかけてであり、そこからは著しい伸びが無い。
ただ経験を積むという点ではやはり成長しており、その他戦術やプレイングについて考えることは欠かさなかった点で強くはなっていると思います。

そもそも今年の後半は人狼自体あまり出来なかったからね。滅茶苦茶したいんだけど封印しているから・・・。復帰したらバリバリやって連勝街道も取ってやりますわ。

そういえば自分の動画を振り返ってみて今日気が付いたのが、ダンガンロンパWEB姉貴的なこれ→
上げたのが2年前とかいう・・・2年ってマジすか。あっという間ですね。

アウトブレイク・・・まだまだめっちゃすきやで!→しかし再び下火(定ポジ)になったのでモチベが落ちちゃったね。オンラインまたわちゃわちゃやりたいんで、そのときは気の良い兄貴たちが声を掛ければ集まると信じて

うみねこ本格的に動き出したのと、ベイスターズ応援をしだしたのが今年のハイライトですね。
リアル云々の方は・・・まだケリがついていないんで、全部終われば何かここに報告するかもしれない程度で。

| うみねこ人狼 | 23:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT