FC2ブログ

つなようじ3本目

人狼とゲームとその他様々なアレやコレ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

  tsunayoujiiiのライブビデオをwww.twitch.tvから視聴する  KMR「生配信していたらここにも映る・・・それだけです」 MUR「そうだよ」

≫ EDIT

狩猟令嬢ジビエ日誌

大好きなアリプロの曲紹介すんぞ!おらぁ
唐突だけどもこれから不定期でお気に入りの曲についてつらつら書いていくから。
書きたくなったから書く。書きたいときに書く。だから曲順もランダムだし不定期更新。


今日は「狩猟令嬢ジビエ日誌」。
先ほど歌詞を見ながら聴いていたらビビッ!と来ちゃってね。

最初聞いたときは大して気にも留めてなかった曲だった。キャッチーじゃない、暗めの曲調だったからか。
アリプロ全曲ランダム再生していると何度かこの曲を聴くことがあったんだけれども、そのたびに部分的に歌詞が頭に残ってね。
雰囲気も何だかよさげ?これは味わい深い黒アリの曲なのかな?
全体の歌詞を知りたいなーと思った28分前。

もうこれはね。濃密。濃密です。
取り巻く世界観は、とある領主のお嬢様が自分より身分が低い青年を狩りに連れ出す、というもの。
去年の夏のライブでアリカ様がそう仰ってたしこれで合ってると思う。

聴いていると、ありありとその光景が見えてくるんだ。
他の曲と比べて、具体的な描写が多く抽象的な言葉が少なめだからか、まさにその場面が目の前に浮かぶ。

最初は割とおとなし目なお嬢様。でも狩りの準備の段階で大分ヤバげなんだよね。犬歯見せながらニヤニヤしてるのが目に浮かぶ。
銃を肩に掛け、髪をなびかせ、もう私についてきなさい。かっけぇぇぇ。ワイルド系お嬢様。
いざ狩りが始まると曲のテンポも上がり狩猟以外のことに目に入ってないように感じられる。
もう連れてきた青年のことも頭から忘れてるんじゃないかなこのときは。
顔には微笑をたたえ、あまり表情は激しくない。けれども心の裡では最高に楽しんでて嬉々としてる。

獲物を仕留める。そこからの作業のなんと丁寧なことか。狩り取った命に対してある種の畏怖を感じている。
「愛と幻想のファシズム」の主人公のアティテュードと通じるものがあると思う。
ただ殺すのではなく、その獲物のすべてを堪能しようとする。
帰路につくまでに青年も「毒された」。調理の待ち時間二人は獣になる。

生きるという行為の本質を再認識させられる。他の動物を殺し、食べ、糧とする。
ただ漫然と行うのではなく常に目的を意識し手段として行使している。
たまには自然の中に身を投じ、野生の声呼ぶままに生きてみたいなぁと思わせる曲。

とりもあえず、お嬢様かっけぇぇぇ
ワイルド。ワイルド。女の子、しかもお嬢様がこんな狩りに夢中になってるとか萌える。かっこいい。
心の裡の底から何か沸々と湧き上がる何かを皆さん感じましょう。
聴くときは是非とも歌詞を見ながらをお勧めします。
スポンサーサイト

| ALI PROJECT. | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sounanoka7omscs.blog.fc2.com/tb.php/259-31b2a8ba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT